スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告


読者ニ告グ

ブログのコメントに関して気をつけるべきこと。

ブロガーを2つに分けると、外交的な奴と内向的な奴がいる。
かなり勝手な前提であるが、前者の書くものを『記事』、後者の書くものを『日記』とする。

ちなみに前回、カスブログの必要性の皆無さを指摘したが、別にただの『日記』ログとしての利用は悪くない、と誤解されないよう言っておく。
何が悪いってそいつ自身を含めたグループ全体がヤバいのだ。この問題こそがコメントに顕著に表れている。


こんな感じで書こうと思ってたけど、連日かたくるしー感じに自分でも嫌気が指すので超シンプルにいきます。

コメントするときちょっとは考えろ

自分のされて嬉しいことを相手にして、その行為の正当性を求めるのは完全なエゴであり、偏りきった独りよがりでしかない。

本来ならば相手が嬉しいと思うことをすべきである。
つまり上記の完全なエゴとは何か。

褒めるだけなら幼稚園児でもできる

こういうことである。

私は賛同・崇拝・告白、等のコメントは一切の必要性を感じない。
こういった感覚を持った人は少ないわけではない。本当にストイックに面白さを追究し続けるタイプの人間は、自分より低いラインで喜ばれても、何も得るものはないのである。

自分の価値観で賞賛コメントをする人間は、書き手の求めている反応が全く見えてない。

じゃあもうコメントしません

この開き直り方もよくわからない。
コメントをする人間を批判したつもりは全くないが、どういうわけかこの手(馴れ合い志向)のタイプは極論に走りたがる。自分に無害なものは受け入れて、不利なものからはサッと引くのだ。
何度も言うが、重要なのは書き手が求めるべきものを与えることである。

具体例を出すとすれば、僕の場合はコメントそのものよりも、その記事によって他人に影響が見えることが一番嬉しい。
誰かが自分の言葉を用いてくれていたりするだけでかなり嬉しいもんである。次に苦言や正反対の持論が嬉しい。ただのお褒めコメントなんて三の四の次ぐらいになる。

『馴れ合い』に巻き込むな

最初にも言ったとおり、自分がされて嬉しいことを他人にやって嬉しいと決め付けるのは大失態である。
他人とのつまらない交流を『誰でもやってること』と捉えて他人に強要してしまうのは間違いでしかない。

前回の話と関連性を持たせるならば、この馴れ合いの一般化が、記事を書くことに対する意識を低いレベルで均衡化させてしまっている気がしてならない。
皆と同じように、いつまでも仲良く、楽しく笑ってればいい、そんな姿勢で新しいものが生まれてくるのだろうか。(生まれねーよ)

まがいものなりにも、踏み出さずして認められるものはないと僕は思う。
(ここだけ妙に抽象的)




生産性のない交流に意味はあるのか?

というのが今回一番言いたかったことであるが、「意味なんかなくていい」と言われてしまうと実は何も返せない。

何故なら心の奥底では、賛同コメントを嬉しいと思ってしまう感覚もあるからだ。
それが持続のモチベーションになる時だってたまにはある。

ストイックにストイックにと精進しても、他人との交流や感傷そのものを捨てることは、他人へ何かを伝える手法の在り方としては間違っている。
発信する相手を見極めることが、不特定多数のネットの中、発信する側として出切る唯一の善処なのかもしれない。

それを受信する側は、発信された内容を全て綺麗に受け取るのではなくて、あくまで自分の見解をもった状態で発信者と向き合う、というスタンスを保つことが、ネットで交流において自分にとっても相手にとっても有意義なものに成ってくるのだと僕は思う。


この記事を読んで、「ああこの人はコメントされるの嫌いなんだな」って思った方がいれば、それはそれで僕としては不要な交流が減る意味では嬉しい。そして“わかりあえない”残念さと、自らの表現の甘さを痛感する。

2009/08/09 00:00 | 思想COMMENT(9)


>重要なのは書き手が求めるべきものを与えることである。

これは「書き手が(コメントするときに)いち書き手として自分自身に課す」ことであって、発信者が受信者にこれを求めるのはただの傲慢じゃないんですかね。それとも(※個々人の好き嫌いの問題ではなく)読み手の自由は制限されるべきですか?


>『馴れ合い』に巻き込むな

自分自身の意思において「『馴れ合い』に巻き込まれない」ことを選択できると思うんですけど。それとも(※リピート)他の人が自分自身の意思において『馴れ合い』をする自由は制限されるべきですか?


誤解を恐れず言えば、読者って基本的に馬鹿で自分勝手なんですよ。で、カナタさんの言う「ストイックな書き手」というのがどんな人を指すのかは分かりませんが、僕の思う「ストイックな書き手」は少なくともそれぐらいのことは十分に承知した上で文章を書いてます。

ところで、一方的に『馴れ合い』を否定したり「生産性」を求めたりするのって、エゴや偏った独りよがりとはどう違うんですか? カナタさんに同調する人は一定数いるでしょうけど、それは『馴れ合い』をする人にしても同じことですよね。
No:183 2009/08/09 05:31
ゆん #- URL [ edit ]

>>ゆん様
今回のエモい記事をわりと冷静に見て頂いてありがたく思います。

>重要なのは書き手が求めるべきものを与えることである。
これに関していえば、語尾に「~出来なきゃ黙ってろ」がつくほどの傲慢です。
とはいえ、自分の尺にあわせて他人にものを言うなという、読み手側のモラルに訴えかけている話になります。
書き手が読み手に制限することはありませんが、自由すぎる落書き(レベルのもの)は迷惑になり得ます。

>『馴れ合い』に巻き込むな
これもそのものを否定しているのではなく、自分の価値観にあわせるな、の一点張りです。もう少しシンプルに書けばよかった。

以上2点ですが、僕に関してのみ言えばこのような性質の方がきた場合はわりと弾圧します。 今回の記事のような形で。

読者がバカで自分勝手、というのは書く側としてたまに感じてしまうこともありますが、僕はそれをバカなことだと割り切ってパフォーマンスに徹することは出来ません。
これを読んだ方が、良かれ悪かれ触発されて、ふと自分のやっている行為を振り返ってみる機会になれば、と思って書きました。
暴言に近い形をとったのも、“あまり考えない層”にはこのぐらいが有効ではないかという試行錯誤からです。

今回あえて穴だらけの内容にしたのですが、一番の大穴は「自分の行為を一切振り返っていない」ということでした。
だから、「じゃあ君は何なの?」と聞かれても偉そうなことは言えません。 これもまたエゴであるからです。
ただ、行為の生産性の有無に右往左往されながらも、何か読んだ人のためになるものを書きたい、という想いは常に抱いています。

今回僕が伝えたかったことは、あまり良いように受け止められないかもしれませんが、そのまま綺麗に消化されてしまうことよりは断然嬉しいことなのです。
また良ければお願いします。
No:184 2009/08/09 09:18
カナタ #- URL [ edit ]

>自分の尺にあわせて他人にものを言うな
>自分の価値観にあわせるな

これは「自分のされて嬉しいことを相手にする」のことを指すのだと思いますけど(それをして「その行為の正当性を求める」というのはよく分からないですが)、これって「相手が嬉しいと思うこと」を知り実践するための前段階として必要かつ正当な手続きだと思いますけれど。

現に、「そのような性質の方」がカナタさんの元に現れたからこそ、カナタさんは相手方のコメントがカナタさんの価値観にそぐわないことをアナウンスする流れになったわけでしょう。相互理解の第一歩ですね。

あらかじめトップページ等わかりやすいところでカナタさんの価値観をわかりやすくアナウンスしていたりするわけでもない以上、それを知らずにコメントした人に対して「自分の価値観に合わせるな」とか言うのは、暴言というよりも、単純に意味が分かりません。

あと、弾圧するのはカナタさんの都合ですよね。弾圧されることによって読み手は何かを学ぶかもしれませんが、弾圧するのはカナタさんが自分の価値観に合わせて読者を選別または変革するためですよね。

反面教師を演じるのはいいですけど、本当の反面教師になってしまってたら詮無いですよ。
No:185 2009/08/09 13:44
ゆん #- URL [ edit ]

このコメント何かもう色々あれだけど。

少なくとも俺の主観を含め筆者が書いているのは、そこに倫理的な善悪が無い限り「向き合う」のが大事って事であって「ケンカする」事とは全く違うと思うのよ。
つまり麻薬をやっていたら止めるべきだが(一般的に言えばね)、別にこの記事にそういった善悪は無いんだから「ああ、こういう考えもあるんね。そういえば俺はどうなんだろう」って振り返ってもらうのが今回の記事の目的なんだと思う。

悪いけど、「正当性を求める」ってのは今まさにゆんさんがやってるような事だと思うよ。
第三者の目から見たらまさに「自分が正しい!」と訴えているようにしか見えない。

暴言チックに書いてるこの記事・筆者も、こういった事態を誘発しているのは一つの要因だと思うけどさ。
まあ落ち着きなさいよ。
No:186 2009/08/09 16:23
50円玉が平成21年のものだった #x8HZMtLU URL [ edit ]

>50円玉が平成21年のものだったさん

この記事のタイトルが『読者ニ告グ』だったので、読者として反応しました。ケンカしてるつもりはありません。

もちろん僕は自分が正しいと思うことを述べてますよ。あなたは違うんですか?

それと、ここでは僕なりに落ち着いた真剣な態度で対話に臨んでいるので、「落ち着きなさいよ」と言われるのは心外です。
No:187 2009/08/09 17:08
ゆん #- URL [ edit ]

「ケンカ」って表現が悪いなら「押し付け」だよそれは。そこまでいくとね。
さっきから言ってんだけどさ、それが正当性を求めてるっての。

まあ反応は十人十色って事で、ね。
あなたと「対話」するつもりは僕にはありませんので、これで飲み会行ってきますわ。
のし
No:188 2009/08/09 17:45
50円玉が平成21年のものだった #x8HZMtLU URL [ edit ]

わぁ、まさしく『生産性のない交流』。
No:189 2009/08/09 21:05
どくるん #- URLedit ]

お前らはここで何がしたいんだFuck

>>ゆん様
僕の文章を吟味して批判しても何も出てきませんよ。
議論が『相互理解&何らかの前進』であるとするならば、ゆん様の主張は自分の正当性を一方的に押し付けているだけに見えてしまいます。

そして記事の趣旨が見えていない気がします。
今回に限り、あえて暴言に近かったり内容に矛盾が生じているのは、だいたい理解しながら書いています。
「じゃあなんでそう書かないんですか?」って質問が飛んでくるかもしれないですが、その理由を納得していただかないと問答ループは解消されない気がします。

ここまで説明した以上、ゆん様が後半部分で言いたいことは、「そっかー!」としか返しようがありません。

何にせこれ以上のやり取りは、第三者に公開されるコメントで行う必要がないように思うので、この場でゆん様の主張を突き通したいのであればトラックバックでも何でもお願いします。

>>50円玉が平成21年のものだった様
コメントのやり取りに関するコメントをどうも。
僕の意図をさらに噛み砕いて頂いたように見えますが、ゆん様に対する回答にはなりきれていないかもしれません。
あと、あえて土俵を降りる宣言というのは、演出なのでしょうか。そこだけが引っかかります。

>>どくるん様
一見、無意味なものから意味を見出そうとするのは精神活動としては良いらしいですよ。
No:190 2009/08/10 01:37
カナタ #- URL [ edit ]

>>匿名希望様

返信必要でしたら、送ります。
No:191 2009/08/10 22:37
カナタ #- URL [ edit ]












管理者にだけ表示を許可する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。