スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告


コロッセオの真ん中で 2

ka10.jpg

前回のような文章を書く場合、仮想現実を突っ走ったり、「な~んてねっ!」といったオチで十分に許されるのが常日頃のネット社会であります。

しかし物事を語る上で、実体験やデータというのは、何よりも威力を発揮するもの。
ということで実際にやってきました。

急だったので少ないですが、とりあえず3人。

一人目 リサ(仮名)

おれ(遅いな…)
リサ「ごめんー、ちょっとバスが遅れて」

おれ「…帰れ」
リサ「え?」
おれ「いいから帰れ」

0-1
ジーンズのため敗北


二人目 ヨシカ(仮名)

おれ(次はスカートを所望しなくては…)

ヨシカ「おはよう」
おれ「(スカートをめくる)おはよう」

ヨシカ「え、何?どうしたの?」
おれ「お前に挨拶してんじゃねえ、パンツにしてんだよ!ちょっと待ってろカス!」
ヨシカ「…」
おれ「おふう!おふう!」
ヨシカ「…」
おれ「見事なお花畑ですなあ提督!」
ヨシカ「…帰るね」

0-2
見事な紳士アピールにも関わらず敗北



三人目 エミリー(仮名)

エミリー「おはよう」
おれ「ほいやっ!(スカートをめくる)、おはやう!」

エミリー「…何?」
おれ「グ、グッモーニンマドモアゼル!」
エミリー「こういうのが好きなの?」
おれ「麗しき…なんだっけグーテンモルゲン…」

エミリー「そろそろ降ろしてくれる?」
おれ「…申し訳ありませんでした」

0-3
気圧されて敗北



【講評】
『案ずるより生むが易し』ってことでしょうか。

2009/11/07 00:00 | 日常COMMENT(0)














管理者にだけ表示を許可する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。