スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告


怠惰ウェーブ

cri.jpg

世間の皆さまおちんこバーン。
カナタでございます。

そろそろ無視しまくってきた出来事について触れたいと思います。

ここに一節の言葉があります。

「まだ決まってない」じゃなくて、
「24日に朝起きてから決める」なんだよ。
決まってるんだよ。 ―コバヤシ
 

もはや懐かしい、童‐童貞が貴様ら非童貞に説教するサイトの言葉なのでありますが、この言葉はいつ見ても突き刺さります。
彼にとって、24日に予定がないという事こそが完全な予定調和、一人きりの出来レースなのです。

そのような事態を強いられた場合、我々はどうやって切り抜ければ良いのでしょうか。
現実というフレームにのっかって考えてみましょう。


・当日のミラクルは起こりうるか?

ミラクルというのは運要素の他に、スゴみとか付加価値が伴っていないと発生しにくいように思われます。
仮に当日の夜にバイトのシフトが入っていようが、そうそうお誘いイベントは起こりません。
「何かが起こる…!」みたいな現実逃避は控えましょう。

・外に出る意味はあるか?

何の算段も持たずに外に出ても、風邪を引いて出会いのチャンスを減らすだけです。
現実に出会いの可能性がないのは、この先2週間の予定表を見ればわかりましたので、最強の便利ツール「ネット」の力を借りましょう。

・ネットでどうする?

つまるところ、ミラクルを自然発生させてやれば良いのです。
先ほども言いましたが、ミラクルを起こすために必要なのはスゴみや付加価値を得ること、そう自分磨きです。
こう考えるといつも我々がやっていることではないですか。

・結局何をすべきか?

以上のことから、当日は家でブログ書いておくのが良いと思われます。

2009/12/10 00:00 | 雑記COMMENT(0)














管理者にだけ表示を許可する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。