スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告


内向的な僕ら

zhf2.jpg

旅行記を書こう!

俺の日常なんて誰も興味ねえ!

じゃあオフ会について書こう!

他人と他人が絡むの見てて楽しいかよ!

何が書きたいんだ?

っていう前フリを用意しつつせっかくなので適当に書きます。久々に文字だけで。

(初日の続き)

無茶なタンデムで到着した我々はジェバンニの家に突っ込んだ。
友人はぶっ倒れるように眠ってしまったので、仕方なしに女子大生に会いにいくことにした。

すでに時刻は20時をまわっていたが、関東のJDは暖かく迎えてくれた。(喋り方がムカついた)
単に見てくれが可愛いだけで、人としてコンテンツを成すのは悔しかった。

気付けば0時をまわっていて、二人の間に訪れる静寂。
一発スラッピングをかまして帰路についた。25時間ほどフル可動している自分に可能性を感じた。


(二日目の続き)

昼間からざひふの会があったので(参照)、渋々と池袋を徘徊する。
3,4年前のえあぱそなら、ざとふはキーキャラだったけど、おそらく今は全然わかんねえから割愛する。

夕方からは高円寺に何故か引越しの手伝い。
一発スラッピングをかまして帰路についた。高円寺まできて俺は何をやっているのか2時間ほど考えた。


(三日目)

この日にユーターンする予定が、降水確率が朝から晩まで100%だったので見送り。
友人はコーヒーを買いに、ジェバンニはバイトにいった。

仕方なしにみなとみらいまで女子大生を狩りに。(喋り方がムカついた)
一発スラッピングをかまして帰路についた。胸ぐらい触っとけば良かったと酷く後悔した。


(四日目)

朝から晩までバイクに乗っていた。
冷静に考えると教習所を出たばっかの奴に、雨天・暴風・低温な環境の中でガツガツと走らせるのは酷なものじゃないかとようやく気付いた。

友人は枯れていた。


【感想】
珍しく計画性のない走るだけの旅だったのですが、思いのほかカスカスにはなりませんでした。

こういう時にネットの知り合い(厳密に言うとネットをきっかけで知り合った友人)がいると、ご飯とかおいしいな!って凄く実感できます。

昔書いたやつを一応意識しながら書いたけどあかんわこれ。昔の俺の書くことに対する精神力どうなってんだ。

2010/03/28 00:00 | 日常COMMENT(0)














管理者にだけ表示を許可する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。