スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告


ブログを続けるための3つの何か

IMG_4941.jpg
定期的にブログを書くにはどうすれば良いか。

ブログを続けたくても続かない人のために理由と解決策をまとめてみた。

ブログが続かない理由
・面倒
・書くことがない
・twitterで言ってしまう

解決策
1.面倒
 これに関して言えば自由更新ではなく自らに何かしらのルールを課すとうまくいく気がする。
 例えば水曜は更新とか、二日書いたら一日休むとかなるべく自分にゆるいルールにするのが良かれ。
 毎日更新!なんて意気込む人も多いけれど、一度滞ってしまうと更新がパッタリ途絶えるので本気でマメな人以外はやめておいたほうがいい。
 で、俺は3日に1度をかれこれ100回ちょっとやってるんだけど、俺みたいな人間をあと2人見つけてくれば毎日更新じゃね!?っていう皮算用をしている。

2.書くことがない
 言いつくされてることだけど結局何を書くかが肝心で、書こうと思えば家から出なくても書ける。
 俺はノーマル日記は見ても面白くねえやって思ってるけど、そういう個人の日常を読むことが好きな人もいるので難しいもんである。
 「私は○○が伝えたいんだ!」って明確なテーマの上で更新してる人の記事は続くし面白い。ゲシュタルト崩壊に挑戦し続けるのでも、自動販売機を撮り続けるだけでも面白い。
 で、何がしたいかが見つからない奴は俺みたいに毎回全然違うこと書いてる。

3.twitterで言ってしまう
 最近よく聞く悩みNo.1はこれだと思う。要するに書く媒体が増えたので手いっぱいになっているという贅沢な悩み。
 こればっかりはtwitterやめろ!と言えないのでブログがtwitterより優位な点を考えてみました。
・長文でまとめられる
・消費的に扱われにくい(印象的)
・残しやすい
 twitterは発言内容そのものが重視されるのに対してブログは書き手への意識も高まるので、本当に自分に興味を持ってもらおうと思えばtwitterよりブログだと思います。
 ただ僕の場合だと、最近の流行的に発信力や集客力は断然twitterのほうが強いので難しい。使い分けが重要なのかな。

・・と、まあ御託を並べてみましたが。
 書き続けるメリットや意義なんかを求め出しても、殆どの人間はそれを意識的に得ることは難しのですよ。そして飽きちゃう。
 んじゃどうすれば続くのかってと、自分を納得させるものを書くってのが一番重要だと思います。
 自分が書いてて楽しければ続くし、面倒がりながら続けてる更新なんてのを他人が見て喜ぶはずはないのです。まずは自分の好きなことを書くこと。立てよ国民。

そして、これ含めた二回分ぐらいが全く納得のいかない出来でやめたくなってきてるのが私です。

2010/09/09 00:00 | 雑記COMMENT(3)


なるほど!
No:458 2010/09/11 22:35
亜茶 #- URLedit ]

挙げられてるブログ、ふたつとも感動しました。
私もおもしろいブログ書けるようになりたい。
No:459 2010/09/12 22:54
ロク #GTLMePBM URL [ edit ]

「自由に書かない」っていうストイックさはプロ意識に通ずるもんがあるのかもしれませんな。
No:460 2010/09/13 06:19
カナタ #- URL [ edit ]












管理者にだけ表示を許可する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。