スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告


四日前の日記

日記を書くよ。

日記を書く書かないの話になって、俺はブログがあるよと思ったけれど、ブログを読み返しても当時の心理状態はあまりわからないことに気付いた。
そもそもブログの中に俺の感情は殆ど存在せず、あくまで紹介的たまに扇動的な内容ばかりで実態はあまり見えてこない。

日記は書かない!って公言してるブログなんだから当たり前ではある。
だから今日はその意に反してちょっと日記的なことを書いている。

「見せること」「残すこと」に重点を置いてるブログを書く上で、ブレのない姿勢を一貫することは大切になってくると思ってるんだけど、そこで肝心なのは自分の立ち位置である。

自分(カナタ)はブログにおける何なのか、と言えば少し大層な話になってくるが「カナタの書くブログ」と「ブログを書いてるカナタ」では認識がだいぶ違うと思う。
俺が書くから読んでもらえるのか、書いているものがあるから俺だと受け取ってもらえるのか、人によってこのへんの差はわりとあると思う。

そんでそれを客観的に把握して、読む人に適した(そして自分もやりやすい)書き方を見つけていかないと、全体として向上するのは難しいのかなあと悩んでいる。
こんなことばっか言うと「自分がやりたいほうにすればいいじゃん!」って言われるんだけど、やりたいことが特にないから問題なのよ。

まあ、少なくともtwitterでは死ぬほどくだらないことしか言ってないので、あっちは一応「カナタ」という人間性を受け取って貰えていると思う。
じゃあブログはそれを延長するか?270度ぐらい変えてみるか?っていう方向性の分岐点みたいなところに今きている気がする。

彩冷えると違ってえあぱそは初めからソロ活動なので采配は全て今後の自分にかかってくるわけなんで、どーしたもんか、何書いたもんか、と迷走するさますら楽しんでもらえれば幸いです。

日記と銘打っときながら書いてるのは11/7なわけで、その時点で矛盾がある気がするんだけど、たまにはこんなの書いてもいいんじゃねえかなって思いました。おわり。



そんで、ここまで書いてて保存ボタン押すのためらったってことは、どれだけショボくても一つの記事として自己完結(しかも未完)で公開して後悔したくないからだなと確信した。

自己未完結という言葉がどうしようもなく救われない感じで気に入ったので「みかん」と略してたまに使おうと思う。

2010/11/11 00:00 | 日常COMMENT(0)














管理者にだけ表示を許可する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。