スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告


ジューン

b19nature_characters_humanoids044.jpg
六月といえばジューンブライドです。

そうは言うものの、日本で六月に結婚式を行うカップルは少ないそうだ。
どう考えても梅雨期だし、ドレスで外を歩くことが出来ない上に写真等にも影響がでまくる。

わざわざ晴れにくい六月に式を挙げることがナンセンスなのだ。
ちなみにヨーロッパの六月は日本と気候が正反対らしく、こちらが正当な意味でのジューンブライドとなる。

つーことは日本の場合、あんまり結婚式がないから何とか付加価値を作って売り込もう!みたいな業者の動きがあってジューンブライドが日本人の頭に定着したんじゃないかと思う。
女からチョコを贈るバレンタイン、の部分に通ずるとこがある。


それはそうと最近まわりで別れるカップルが多い。
明確な理由があるのではなく、何となくうまくいかない気がして別れるケースばかりだ。

これは片方が内心では他の異性と遊びたいだからとか、単に梅雨で気分が落ち込んでしまうかなのか、わからない。
でも何となく夏を見据えて気分を一新したくなる時期だからなのかと思う。
季節と異性の関係性はあんまり考えたことなかったけど、ひたすらに統計取っても面白そうだ。

ちなみ最近は、通り雨を食らって生じる透けブラのことばかり考えている。

2011/06/15 00:00 | 雑記COMMENT(1)


高校生における夏休み後のカップル破局率はガチ
No:579 2011/06/18 20:36
せみ #k6nwMOFg URLedit ]












管理者にだけ表示を許可する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。