スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告


僕らのゴールデンアイ

007.jpg
最近やたらゴールデンアイしてた。

俺世代でゴールデンアイというとロクヨンで流行ったFPSのやつ。
そこまで綺麗と言えないポリゴンが高速で回転しながら銃乱射するので、わりと吐く奴もいた。

IMG_9161.jpg
放課後は毎日4人で対戦してたんだけど、その中で僕はナターリア(小学生男子には不人気)で手榴弾を投げ続けるポジションだった。アホだったと思う。

当たらないナイフ、殺人チョップ、黄金銃、鉛筆銃、しゃがみ移動、オッドジョップ、トイレ、モーションセンサー、グレネード乱射…、思い起こせばキリがないほど、一種の錯乱状態になるまでやりまくった。
よく当時のメンバーで逮捕者が出てないな、と思う。

ちなみに無敵モードのコマンドも暗記した。(もっと他のことに頭を使えばよかった)


そのゴールデンアイが10年を経てリメイクが出るということで、かなり嬉しかった。
しかし、いざプレイして見ると何かが違う。

ナターリアが美人になって、チョップがただの近接格闘になって、時限爆弾が減った。

そして何よりも、放課後集まって遊ぶ友達がいなくなった。

皆で楽しむバカゲーは、ただのFPSになっていた。
ネットを使って誰かと銃撃戦はできるけれど、殺伐としたスコアの稼ぎあいにしかならない。

俺がゴールデンアイに求めていた要素が今になってやっとわかった。
下手なりにワイワイと騒ぎながらするのが何より楽しかったのだ。

今になって気付いても、もう戻ってこないのは切ないものがある。
あ、ゼニアがちょっとエロかったのは良かった。

まあ新作自体の完成度は十分で、映画ベースとはいえオリジナル要素も強くて純粋に面白いゲームだと思う。
だけど64ジャンキーな同世代にすすめて共感が得られるかどうかは怪しい。

正直にいうと想い出補正からくる「がっかりゲー」になっちゃうんだけど、ラストシーンの

006「祖国のためか?」
007「いいや、自分のためだ」

ってのは相変わらずグッときた。
その勢いで映画も2回見た。ナターリアは微妙だった。
(何故か間違って慰めの報酬まで見てた)


そんなわけでネットも半分ほっぽりだしてWiiばっかやってる一週間でした。
実生活も足音を立てずに壁際を歩くのが楽しい。

2011/07/09 00:00 | 日常COMMENT(0)














管理者にだけ表示を許可する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。