スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告


リアルとフィクションと

IMG_9212.jpg
「あんかけスパが食べたい」と思った。
どうして僕は新幹線に乗ったのか。

新幹線の乗り方がよくわからなくて、ウロウロしてるうちにベルが鳴ったので走り出しそうな列車に乗った。
何かに追われるように指定席車両をくぐり抜けると自由席があった。
埋まってた。
仕方ないので車両の間から空を見ていた。

最近知り合いが別れたのでスガシカオのクライマックスばかり聴いて時間をつぶした。
終点で目を覚まさなくてよかった。
そろそろ米原かなと思ったら名古屋だった。停車駅すらわかっていない。

名古屋に着くと20時をまわっていた。あんかけスパの美味しい店はもう開いてないかもしれないし、そもそもリサーチしていない。

そこでまた一つの問題が浮上した。
現金が、ない。
ATMも使用できない時間帯になっていて、どうやりくりするか悩んだ結果ネットカフェに向かった。

栄のネットカフェで10時間パックを選ぶ。
とりあえずSkypeに接続すると、受験生にゲームしようと呼び出される。
どうして僕は名古屋まできて夜中にポトリスをしているのか。
考えると悲しくなってきた。

ネットカフェでここまでを書いて保存して、年齢制限のあるコンテンツを4時間ほど見渡しているとナイトパックの時間が終わってしまった。

外に出ると快晴で死ぬほど明るかった。
いろんな意味でやり切れない感情をテレビ塔にむかって吐きだした。

(追記)
IMG_9175ps.jpg
あんかけスパゲティは最高にキツかった。
どうしてカレーセットで頼んだのだろう。どうして僕は名古屋に。どうして。

2011/07/15 00:00 | 雑記COMMENT(0)














管理者にだけ表示を許可する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。