スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告


一眼レフを買おう!中編

IMG_7795.jpg
ボディとレンズ。

あ、その前に。

一眼レフとコンデジの違いは何?って聞かれたから説明しとくと、センサーサイズレンズが交換できるかどうか、と答えてる。

厳密には全然違うんだけど、最近はミラーレス一眼とかややこしい機種とかもでてきてるし、めっちゃ説明しても「ふーん、じゃあ何がいいの?」って言われて悲しくなるだけだから割愛する。

センサーが大きければ画質も上がり、暗所に強くなり、背景ボケも増え、機体がデカくなる。
ぐらいの解釈で問題ないです。

気になる人は、ミラーレスなりセンサーサイズなり好きに検索してください。


3.ボディ

ボディで最初に気にすることは上にも書いたセンサーサイズ。
エントリー機の殆どはAPS-Cかマイクロフォーサーズ(以下マイフォー)が使われている。

マイフォーはオリンパスとパナソニックの共同企画なので現行機種のほとんどに採用されている。
つまり、その他のメーカーはAPS-Cと考えると良い。

ちなみにサイズの大きさでいうとAPS-C>マイフォーなんだけど、センサーが小さいということはボディ・レンズがコンパクトで済むということなので(それでもコンデジよりは相当大きいが)ひとえに大きいのが良いというわけではない。

性能自体はメーカーによる差はそんなにないので、ボディはよく見る大きめのやつか小型のミラーレス一眼、どちらか好みで選べばいい。
ただし、搭載できるレンズによって大きな差が出てくる。(組み合わせは次回)


4.レンズ

で、どっちかってと一番重要なのはレンズ。
一眼レフはキットレンズとして安価なやつが付いてるのが多いので、「まだレンズ買うの?」ってよく言われるが、キットレンズだけ使ってもコンデジを少し強化したものと大差ない。(むしろズーム倍率だと劣る)

だから予算は「ボディ」+「キットレンズ」+「レンズ一本」ぐらいで考えておいたほうが良い。

レンズの明るさとか焦点距離とか説明するのは場違いだと思うのでここでは省略するけど、ズームレンズはキットレンズに任せて単焦点レンズを一本買うのがオススメ。

その単焦点がメーカーによっては純正が安価で出ていたり、殆どなかったり、クソ高かったり、サードパーティー(他社製)が充実してたりするので慎重に選ぶ必要がある。

2で触れた用途もレンズ選びに大きく関わってくる。
旅行で友達をたくさん撮りたいならキットレンズで構わないし、室内でペットや子どもを撮りたければ広角気味の単焦点が便利だ。
盗撮したければ望遠レンズ、植物を撮りたいならマクロレンズ、と用途によってレンズを交換するのは必須になってくる。


一眼レフは決して万能なカメラではなく、下手すればコンデジより使えないケースも起こりうる。
金もかかるし、操作も面倒だし、何のために要るの?っていう質問をされると答えにつまる。

自分の理想を「撮るため」でしかないと思う。

その時々にレンズを変えられる拡張性と、ボタンの多さとかからくる操作性が「これを撮る!」という欲求と噛み合ってこそ真価を発揮するものなんじゃないかと思う。

だから僕はコンデジでおkな人には絶対にすすめないし、逆にコンデジで物足りなさそうな人には一眼でおkと言っている。

趣味的な要素が強いので、全く興味がない人から見ると自己陶酔にしか思えないかもしれない。
ただ、一度ぐらい興味を持ってもらったものは、わからないから深入りしなかったり簡単に飽きたりすることがないように、まだまだハマれるように積極的に後押ししたい。(店員のような言い分だ)

そんな感じで毎回長々と自発的に説明をさせられている。


いい加減「じゃあどれ買えばいいんだよ」って言われるから次は具体例ばっか書く。
(まとめっぽいけどまだ続く)

2011/07/21 00:00 | 雑記COMMENT(0)














管理者にだけ表示を許可する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。