スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告


東北

青森から仙台まで伸びる45号線(510km)は東北の太平洋側にひたすら伸びるルートである。
朝5時すぎに八戸港に降りた僕はその道を辿った。

東北の太平洋側といえば言わずもがな被災地である。
今回のツーリングのメインはこの一日だった。

ニュースもほとんど聞かないようになった今、自分の眼で見たくなった。
言い方は悪いが、今しか見れないものを見て知ることは大切だと思った。

だから逆にここに書くことはない。
自分で見るのが大切だと出向いた人間が、いきなり他人に伝えるのも変な話だ。
特に高尚な想いが巡ったわけじゃあない。

あ、これから行く人がいるかもしれないけど、まだまだ見る価値は高いと僕は思う。
復興も何年かかるかわからないし、何度行っても違っていそうだ。

IMG_0027.jpg
行って何か変わったわけではないが、意味はあった。

2011/08/29 00:00 | 企画COMMENT(0)














管理者にだけ表示を許可する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。