スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告


京都

つーことで無事に帰ってた。
これ書いてるときはもう三週間ほど経っている。

北海道→京都の11日間の道のりは2600kmという大変長い距離になったのだけど、大変という感じではなかった。
とりあえず無事故無違反なのは良いとして、身体の不調も一切なかった。

というのも10泊のうち2泊はフェリー、2泊はネカフェ、1日は徹夜で、後の5泊はネットで知り合った人に泊めてもらったのが大きい。
心身的にも経済的にも非常に助かった。(次回もぜひお願いしたい)

そうやって誰かと遊んだりしながらゆるゆると毎回すすむので、僕はツーリングの感覚が得られないままなのかもしれない。
ただま、ストイックな部分も一応(稚内とか)あったので、苦行フェチとしての刺激は得た。

道中はいろいろあったんだけども、オフレポは誰かが書いてくれているし、個別に会ったことをここに書いても仕方がないので、今回の感想はざっくりと済ます。

とてもとても感謝している。

って俺が言うと非常に気持ち悪いのはわかってるけど!!なるべく負荷のかからぬよう一言にさせて!!


一つだけ残念な点をあげるとすれば予備ヘルメットが殆ど機能しなかったことと、晴れてる日が実質2日ぐらいしかなかったこと。あとお土産を帰る前に食べ尽くしたことと、今年も富士山をほとんど見られなかったことか。

帰りに虹が出たけど、雨の中を突っ切ってきた証明でしかなかったから。
滋賀県で迷って暇だったから撮っただけだから。

最初に保健で掲げた「撮る!」ってのは大方達成できた気もするので、また気が向けばflickrにでもドドドっとあげておきたい。

IMG_9501.jpg
とりあえず生きてて良かった。

来年もまた、どこかで。

2011/09/04 00:00 | 企画COMMENT(0)














管理者にだけ表示を許可する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。