スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告


繋がる

tw.png
twitterのやめ時を考える。

そろそろ2万ツイートなのでもういいかなという気になったりする。

漠然とtwitterしてるだけでは時間帯効果を考えるとロスであるし、続けることに対するメリットのなさ(残り難い)は以前に書いた。

ただ、短期間で誰かと人間関係を作ることに関してはブログより向いている。
かといってそれは取っ掛かりになりやすいというだけで、その場で交流を続けてもそれ以上の発展は望めない。
(特例としてtwitterのみで彼女を作ったクズもいる)(どくるん)


やめるやめないの話に戻るけど、実際は俺がやめたいという前にまわりがやめていくだろう。

漠然とした予測では、交流に疲れる人が増える→少し人が離れる→俺のようなbotみたいな奴が残る→さらに交流が減る、といった感じ。

もしくはtwitterに取ってかわるサービスが爆誕する、であるが、それはまだ時間がかかりそうだし、mixiの安定具合から見てもいきなり過疎ったりはしない。

twitterはもうしばらく続くので様子見といったところか。


ただ最近気になるのが、この手のサービスが多すぎませんか?ということ。
新しいものが生まれては消えて、それにあわせて片っ端から取り入れていく人たちは情報を先取りしているのか踊らされているのかわからない。

その中で、自分のやりたい事とそのために必要なツールは何かを考え、極力無駄のない精神衛星のよい暮らしを送ることが今後もこういったサービス(交流)を続けていく上で何より大事になってくるのではないかと思う。

ちなみに俺は現在mixiとGoogle+はフェードアウト気味で、twitterとブログが主だと思う。
(twitterやめる気全くねえじゃんか、と自分で思った)


SNSは出会えるツールだし、老若男女が楽しく過ごせる場である。
タダ飯も食える(試しがない)。

俺もtwitter経由で何人も会ってきたし、やっててよかった!と思ったこともある。
故にやめない。

ただし、俺が会う奴の9割は野郎である。
この現実に確変が起きない限り、俺はやめない。絶対にやめない。

まあ男も好きなんだけどな。変な意味ではなく。
いやほんとに。

2011/09/25 00:00 | 雑記COMMENT(1)


どくるん
No:598 2011/10/15 17:36
#- URL [ edit ]












管理者にだけ表示を許可する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。