スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告


I meet only meat.

IMG_3398.jpg
インターネットすげえや!の話。

携帯を持ち始めた頃(8年前)、僕はネットゲームや個人サイトの掲示板等で日々のやり取りをしていた。
たぶん出会い系ブームも下火だったと思う。

それからしばらくしてヤフーチャットで知り合った人をMSNメッセに登録するという微妙に屈折した使い方をして交流をするようになっていった。(ヤフーメッセは通知音が怖かった)(ちなみに現在ヤフーチャットはない)

で、今現在も家にいるときはSkypeは付いてるし、オンラインの人もそこそこの数がいる。


ここでちょっと話が変わるんだけど、あまり知らない人と仲良くなろうと思うとネットからがベストではないかと思う。
ざっくり言うなら、彼女作るならネット経由がいいんじゃない?という話。

それこそ昔のネットの知り合い(メル友とかも)と違って今は声も顔も即座に送れるし、立地条件さえ許せば即オフして私たち付き合っちゃいました~みたいなファックな事態も幾度と目にしている。ちょっと私怨混じった。

出会い以外にもアドバンテージはある。
仮に高校生だとする。

彼は好きな子と朝のHRがはじまるまでに20分喋って、昼休みに20分喋って、放課後に1時間喋って、電車も20分一緒だったとする。これで2時間だ。

そっから飯食って課題を済ませて、21時からパソコン付けたら余裕で3時間ばかしネットが出来るでないか。
同条件の女の子さえいれば3時間ばかし会話に費やすことも可能ではないか。

さらに言えば、学内で会って人目に触れながらやり取りするよりも、個人的な時間(特に深夜)に1:1で交流ができる恩恵は大きく、半分眠気も手伝った和気あいあいトークで愛が芽生えないはずないじゃん!もう時代はネットだよ!婚活もインターネットだよ!族長!(オサ) 族長!(オサ) 族長!(オサ)


みたいなことを深夜に3時間ぐらい話していた。
野郎と。

野郎とな。

2011/11/09 00:00 | 雑記COMMENT(0)














管理者にだけ表示を許可する

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。